仕事帰りはスタバよりもラーメン屋?

通勤途中の事故に「通勤災害」として労災が例外的に適用されるのをご存知でしょうか。

 

労災保険は労働者災害保険法に基づき、仕事中に仕事が原因でケガや病気になった場合を保証する保険で、仕事に潜在的に潜む危険が具現化した場合に事業主に責任を問うものなのですが、もともと通勤は適用外でした。
ただ通勤も仕事と密接な関係があるものとして、昭和48年の法改正で通勤災害が労災として認められるようになりました。
通勤災害の場合は原則として事業主が責任を問われることはありません。

 

それでは、具体的に通勤災害の定義について考えてみます。

 

労災法によると、「通勤とは、労働者が、就業に関し、次に掲げる移動を、合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務の性質を有するものを除くものとする」と書かれていて、この条件に当てはまらないものは「通勤」として認められません。

 

また自宅と勤務先を往復する際の寄り道をすると「合理的な経路及び方法」からの「中断・逸脱」になり、通勤災害が認められなくなる可能性がありますが、「日常生活上必要な行為」であれば原則として中断や逸脱になりません。

 

日常生活上の必要な行為としては、日用品の購入や病院への通院などは認められていて、理髪店で髪を切るのはOKですが、パーマをかけるのは逸脱となります。
またラーメン屋に寄って食事をするのは日常生活上の必要な行為でOKで、スタバでコーヒーを飲むのは必要な行為とは言えず認められない、などがあります。
 

もちろん通勤災害を前提としてカフェよりもラーメン屋を選ぶ人はいないと思いますが、覚えておくと面白いかも知れません。

アイドルのケガは労災になる?

AKBの握手会で2人のメンバーが襲われた「AKB襲撃事件」では労災は適用されるのでしょうか。
襲われた川栄李奈さんと入山杏奈の2人は指の骨折や切り傷などを負い、さらに精神的にも大きなダメージを負ったものと思われます。
通常の会社員が会社のイベントで同様の被害に合えば文句なく労災が適用されますが、タレントの場合は若干事情が異なるようです。

 

労災が適用されるためには、労働者災害補償保険法上の労働者である必要があります。
一般の会社員のように会社との雇用契約を結んでいたり、あるいは雇用契約を結んでいなくても「会社の指揮監督下において労務の提供をする者」「労務に対する対償を支払われる者」などの条件によっては労災が適用される場合もあります。

 

タレントの場合は本人が事業主として活動しているか、プロダクションなどの指揮命令下で仕事をしているかによって労働者性の判断が分かれます。

 

主に仕事の依頼に対して自分で選べない・業務内容について会社の指揮監督を受けている・本人以外に仕事を代替させることが可能である、などの場合は労働者性が強く、労災が適用される可能性が高まります。
逆にタレント自身が仕事の取捨選択ができたり、報酬が高額であって他者によって代替できないような場合であれば、労働者性が弱くなり労災の適用もされない可能性があります。
AKBだから、という枠組みではなく、一人一人のメンバーごとに判断されます。

 

労災と一般の健康保険を比べると、労災の方が圧倒的に給付内容が厚いので、もし労働者としての性質が強いのであれば是非労災を適用させて欲しいと思います。

PR:メールレディのファムは主婦におすすめ

リベンジポルノに要注意!

離婚した元配偶者や別れた恋人への嫌がらせとして、交際中に撮影した性的な画像や動画を動画サイトなどで公開する「リベンジポルノ」が問題になっています。
最近の事件としては「三鷹女子高生ストーカー殺人」が有名ですね。

 

この手の嫌がらせは昔から存在していて、画像を手書きのビラやポスターで被害者の自宅周辺や会社などにばら撒くなど、アナログな形で行われていました。
これがインターネットを介することによって、爆発的な拡散力を持つようになりました。
アナログな嫌がらせの時代なら会社を辞めたり引越しをする事で逃れる道もありましたが、画像や動画が一度インターネット上に公開されると、完全に削除するのは不可能なため、より深刻なダメージを受ける事になります。

 

アメリカのカリフォルニア州では、2013年10月1日にリベンジ・ポルノ非合法化法案によって規制されていますが、日本ではまだまだ法整備が遅れている現状です。

 

では、リベンジポルノの被害に合った場合、氏名の変更が認められるでしょうか。

 

氏名の変更は家庭裁判所の許可審判により行われます。
リベンジポルノ被害による変更は、下記の3つの条件により認められる可能性があります。

 

・リベンジポルノによって、写真などの画像とともに個人の氏名や住居が特定されてしまう
・写真流出が本人の周囲に知れ渡ったり、そのことが原因で誹謗中傷を受けたりしているなど、日常生活で支障が生じている
・戸籍上の記載を変更することで、リベンジポルノによる被害が避けられることが期待できる

 

ただ、まるっとフルネームを変更するのは少々大変で、名(名前)だけの変更には「正当な事由」が必要とされているため、比較的簡単に変更できますが、氏(苗字)の変更が認められるためには、「やむを得ない事由」が必要とされます(戸籍法107条1項)。
珍しい苗字で個人が特定されやすいなど、特別な理由がない限りは簡単に変更できません。

 

リベンジポルノの被害を防ぐためには、たとえ恋人や配偶者であっても、そういった写真や動画を撮らせないのが一番有効であると思います。

会社の備品の転売は業務上横領

会社の備品は会社のモノであって、自分のモノではありません。
ここを誤解して備品をもらったような気になっている社員は多いと思いますが、単に使用が認められているだけです。
共有する文具などはもちろん、机の上の電卓やメモ帳など自分だけが使っていて名前を書いているような文具であっても、占有権があるだけで、所有権はあくまでも会社にあります。
なので、これらの備品を盗んだ場合は業務上横領罪が成立します。

 

横領と言うと一昔前なら銀行員が現金を持ち出したり愛人に貢いでいたなどのイメージですが、軽い気持ちで会社の備品を盗んでも業務上横領になります。
業務上横領罪は10年以下の懲役が科せられるので、決して軽い罪ではありません。

 

また自分が占有していない備品を盗んだ場合は、もっとストレートに窃盗罪になります。
資料として置かれている書籍や給湯室に置かれている茶葉を盗んだ場合などが該当します。
窃盗罪は10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

 

刑事事件のみならず、民事上でも不法行為などにより損害賠償を請求される可能性があり、また上司も使用者責任や管理監督義務違反などを追及される可能性があります。

 

もちろん、仮に民事上・刑事上の責任を追及されなかったとしても、社内における信用は失墜し、何らかの懲戒処分を受けたり、最悪の場合には懲戒解雇されるおそれもあります。

 

ネットオークションの普及により換金が容易になり、会社の備品を持ち出して売り飛ばしてお小遣い稼ぎをしている不心得な方は、自分が刑事犯罪を犯しているという自覚を持って、バレないうちに行動を改めましょう。。。

ラーメン屋で満腹になったら「財布がない!」

飲食店で食事後、会計をしようとしたら財布がないのに気付いた!
こんな冷や汗体験をした方は意外と少なくないと思います。
食後にお金を持っていなかった場合、無銭飲食になるのでしょうか。

 

無銭飲食は詐欺罪になる可能性があります。

 

詐欺というのは相手を騙して利益を得る行為であり、仮に最初から支払う意思がなかった場合は、店を欺いて代金を支払う意思がない事を隠して(注文をすれば支払う意思があると店側は思う)ラーメンを食べて、結果的に代金を支払わないのですから、詐欺に該当します。

 

けれども、最初から代金を支払う意思があったにも関わらず財布を忘れて支払いができなかった場合は、故意ではないので詐欺罪は成立しません。

 

また最初は支払う意思があったとしても、財布を忘れたことに気づいて「ちょっとトイレへ」などと言って店から逃げてしまえば、店側を騙して立ち去る=故意が成立するので詐欺罪に該当します。

 

ただ、詐欺罪が成立しなかったとしても、店への支払い義務がなくなる訳ではありません。
ラーメンを注文して完食したにも関わらず代金を支払わなければ、故意があろうとなかろうと代金を請求されます。
刑事上の責任は免れたとしても、民事上の責任はあるからです。

 

また、本当に騙すつもりがなく完全にうっかり財布を忘れたのだとしても、それを証明するのは困難です。
店側からすれば「最初から無銭飲食するつもりで財布を持たずに注文したのでは?」と疑ってもおかしくありませんし、警察を呼ばれる可能性もあります。

 

万一財布を忘れた場合は誠心誠意謝って、財布を取りに行くか銀行でお金をおろしてくる猶予を与えてもらうのが一番いいと思います。

いや、その前に、財布を忘れないのが一番ですね。

 

家族間のことでも

ユリのお母さんは3っつ違いのお兄さんとの2人兄妹で、ユリの母方のおばあさんはお兄さん夫婦と暮らしていた。
最近、そのお兄さんから「おふくろの認知症が進んで家に置いておくのが難しくなったため施設に入れることにした。その費用を半分負担してほしい」とユリの母親のところに連絡があったそうだ。
 「お母さんは、おじいちゃんがなくなった時に、成年後見人になっておばあちゃんの面倒を見てくれているからと相続放棄したから、それを使えばいいじゃないと言ったんだけど足りないっていうの。それで詳しい話を聞きに行ったら家は人手に渡っていて貯金残高もほとんどないの」

 

詳しく問い詰めたところお兄さんは事業に失敗し、自分名義の貯金だけでは足りずに母親の財産にも手を付けそれで支払いを済ませたらしい。

 

お母さんのお金を盗んだようなものじゃないと言ったら、『親子間では親族相盗と言って罪にはならないんだと開き直られてどうにも憤懣冷めやらぬらしい。

 

 「何とかならないのかなあ」

 

というので、お兄さんが家庭裁判所から任命され成年後見人に就任していることを再確認した。

 

確かに刑法は、「犯人が被害者の配偶者、直系血族または同居の親族の場合」特例で刑を免除するとしている。でも、成年後見人の場合は別である。
ユリの叔父は彼の母親の財産管理をすることを家庭裁判所から任されているのだ。その場合、たとえ親子でも母親の財産を無断で自分のために使った行為は業務上横領罪(刑法253条)となる。

 

おばあちゃんのお金を使い込んだ事実を申し立てれば叔父さんは処罰を受けることになるよというと、ユリは笑顔になってお母さんに話してあげなきゃと急いで帰って行った。

自分名義の家なのに・・・

山田さんは夫婦げんかから家を飛び出して1年。
最初のころは意地を張って迎えに来たって帰るもんかといきがっていましたが、いつまでたっても奥さんからは音沙汰なし。
立派なマイホームがあるのになんでこんな安アパートに一人で、会社との往復に明け暮れていなくてはいけないのだと思い始めました。
そんな頃です。山田さんの家に見慣れない男性が出入りしていると近所で噂になっていると山田さんの耳に入ってきたのは。
話を聞いて山田さんは茫然となりました。まさかそんなことは…でもやっぱり…
山田さんの心は千地に乱れました。数日悶々としたのち山田さんは真相を確かめることにしました。

 

ある日、会社帰りに一杯飲んでだいぶ遅くなってしまいましたが、男がいるなら遅い時間の方がよいだろうとばかり、お酒の勢いも借りて自分の家まで行ってみました。
1年半ぶりの我が家の前に立ち、外から見た限りでは何も変わった様子がないので、少々ほっとして家の中に入っていきました。

 

「キャー!泥棒」
若い女性がソファから飛び上がって大声を出しています。
その声にビックリして思わず山田さんは外へ飛び出しましたが、向こうから駆けつけてきた警官にぶつかってしまいました。
 「知らない人が急に家の中に入ってきたんです」とその女性は警官に話します。

 

自分名義の自分の家に入って何が悪いと山田さんは言ったのですが…

 

刑法130条は「正当な理由なく人の看守する家に入ると」住居侵入罪になると規定しています。
山田さんの妻は、二ヶ月の海外出張で家を空けるので、その間自分の姪に留守を頼んでいたのでした。
別居していて何も知らなかった山田さん。
留守を預かっていたのは姪御さんであって、帰ってくるかどうかわからない山田さんに家を管理する権限はないとも考えられます。

 

とりあえず奥さんと連絡もつき事なきを得た山田さんですが、自分の持家に入るのにも時と場合によっては注意が必要のようです。

 

えっ山田さんですか?かいがいしく奥さん孝行をしているそうですよ!

AD:【ハマる】オンラインカジノおすすめランキング

騙されてって?

店に時々やってくるナミが声をかけてきた。
いつもだいたい1杯だけだがいろいろな話をしていく娘だ。頭の回転も速く 仕事も出来るんだろうなあと思わせるタイプなのだが、難点がひとつ。男を見る目がない。今日もそんな話だろう。

 

「ねえマスター。騙されてって、そんな言い方あると思う?」

 

今度は何だ。穏やかじゃない話だぞ。

 

「彼がね。『ナミちゃん、騙されて』って言ったの」
彼が会社を辞めて独立をすることにしたそうだ。まあ、よくある話だ。
しかしながら、彼は退職金をもらえなかった。そこでまず予定が狂ったという。また、小規模企業ではよくある話だが、彼が働いていた会社は労働保険関係はなにもやっていなかったそうだ。当然失業保険ももらえない。
そして、お金を貸していた友人がFXで失敗して返してもらえない。
一緒に起業しようとしていた友人も様子がおかしい。
などなど重なって当座のお金も底をついてしまったという。

 

 「そこでね、『ナミちゃん 騙されて!お金を貸して。返さないわけじゃないから。今は全く当てがないけれどとりあえず仕事を探して少しづつでも返していくから』というわけなの。でも、後から考えたら『騙されたと思ってお金貸して』と言いたかったのかしらと思った」

 

いろいろと聞いてい見ると彼とは1年以上の付き合いになるが、家に行ったことはなく、休日も仲間との約束があってなかなか毎週のようにデートするというわけでもないようだ。
時々地元の仲間が居候したりすることもあるという。
そうすると夜の電話は遠慮してしまうのでメールのやり取り中心のお付き合いということらしい。
でも、もうお金は渡してしまったそうだ。

 

 「確かにね。お金を貸すべきじゃなかったかもしれないけど。私が貸さなくても必死になればどうにかなったかもしれないけど。貸しちゃった。」

 

 「そう、詐欺かもしれないよね。でも、騙されてって言ってるから私のことをだましてお金を出させてわけじゃないのよ。私をだましてお金を取ろうとしてはいないから詐欺にもならないんだ…」

 

これは新手の結婚詐欺の一種か。本人が納得済みなら何も言えないか。この後の展開が気になるところだが、早く別れてもっとまともな男と巡り合わないと幸せにはなれないだろうなぁ。

AD:【ダマされない】オンラインカジノおすすめランキング

出会い系サイトにも注意が必要

30代で独身の藤田さん。仕事が忙しくて彼女いない歴3年となってしまいました。
友達の話を聞いて何となく出会い系サイトを利用しだしてすぐにかわいい女性と知り合った。
これは良いかもしれないと、ほかの女性ともメールのやり取りをしようと思ったのが運のつきだったのかもしれない。

 

喫茶店で待ち合わせしてあらわれた娘はエリと名乗った。
あどけない顔をしているが、メイクはばっちり、プロポーションもなかなかなものだった。
若いなあとは思ったが、21歳という。
大学で生物学を学んでいるが、勉強と研究室が忙しくバイトをする時間がないとエリの方から援助交際をもちかけられ、それにのってしまった藤田さん。
ホテルを出たところで刑事に呼び止められてしまった。
前々からエリを見張っていたらしい。とぼけようとしたエリだが、結局17歳であるということを認めた。
そこで、藤田さんも任意同行を求められ警察へ行くことになる。
「かわいそうに思ってお金を渡したが、未成年だとは思っていなかった。それに客は処罰されないんでしょ。」という藤田さんに刑事の答えは冷たかった。

 

売春防止法では、客は処罰されないが、相手が18歳未満の場合は「児童買春、児童ポルノにかかる行為等の処罰および児童の保護等に関する法律」(略して児童買春法)により買春者も処罰の対象となります。しかもこの場合、相手が18歳未満であるかどうかにかかわらず処罰の対象となってしまうのです。

 

藤田さんは初犯ということもあり、懲役1年2月、執行猶予3年と実刑は免れたものの周囲の目は冷たく、会社も案に辞表の提出をほのめかすありさま。たった一度のことなのにと後悔する日々です。

出会い系サイトも婚活のために利用する人から、割り切った関係を求める人までさまざまですが、ちょっとした油断で取り返しのならないことになることもありますので注意が必要ですね。

くれぐれも安易になんて甘い言葉に騙されないでください!

ナンパに注意!

夕暮れの新宿、今日はどんな女性に声をかけようかなと物色中のあなた。
少し前を歩いているスーツの娘にしようかな。
「お仕事帰りですか?食事する時間ありませんか?」
おっ、振り返ったぞ!脈があるかももう一押ししてみようかな。

 

  女 ん、誰か何か言ってるみたいだけど私のこと?
    振り向いたら目があっちゃった!どうしよう…
    場慣れしてるみたい。もてないタイプではなさそうなのに何故?
    まだ、ついて来るよ、コワいな…

 

「帰りはいつもこのくらいの時間なの?遅くまで大変ですね」
「おなか空いていないですか?」

 

よし、もう一押し。ちょっと立ち止まって話をしようと前に回りこんで話を続けよう。
彼女も足を止めた、これでOKか?

 

「会社この辺なの?おいしいお店知っているんだけど食事していきませんか?」

 

なんて話をしていると前から警官がやってきた。。
あれ、なんか話してるぞ

 

としているうちに「もしもし、ちょっとお話を…」
と警官に足止めさせられてしまいました。

 

先日、新宿の路上で女性にスカウトを装いしつこく声をかけたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで30代の会社員が現行犯逮捕されましたが、そのような路上勧誘をしなくても、他人の進路に立ちふさがったり、相手に不安感を与えるような付きまとい方をした場合軽犯罪法違反として刑事罰の対象となってしまうことがあります。

 

ナンパによる出会いから意気投合して結婚するカップルもいるので、ナンパがすべて悪いというのではありませんが、軽い気持ちで声をかけて刑事罰を受けることのないよう十分注意したほうが良いですね。

ドメスティックバイオレンスから身を守る

夫婦喧嘩は犬も食わぬと言いますが、これがドメスティックバイオレンス(DV)となれば話は別であり離婚事由にもなります。

 

ドメスティックバイオレンスというのは夫婦や恋人間の暴力行為を指し、身体的暴力だけがDVの対象ではありません。
ドメスティックバイオレンスの定義によると、DVは①身体的暴力、②精神的暴力、③性的暴力、④経済的暴力、⑤社会的暴力、の5つに分けることが出来ます。
身体的な暴力は殴る蹴るなど一般的な暴力行為なので分かりやすいですが、精神的な暴力は人格の否定や罵り、人前で欠点をあげつらう、友人や親しい人と会わせないなどと精神的なストレスになる行為を行うことで、会社のモラルハラスメントに通じる面もあります。
性的暴力は性行為の強要や避妊に協力しない、特別な行為を強要するなどの一方的な性行為で、近親間強姦とも呼ばれます。
また経済的暴力は仕事をさせない(経済力を与えない)、生活費を入れない、借金を繰り返すなどの経済的負担を強いるものです。
社会的隔離は近親者や友人に会わせない、手紙やメールを制限する、外出を妨害するなど社会的な接点を持たせないようにする事です。

 

DV加害者を矯正する事も不可能ではありませんが時間がかかるので、いったん自分が逃げてからの再構築が必要な場合もあります。

 

またDV被害者は往々にして「悪いのは夫ではなく自分のせいだ」などと感じてしまう事があり、またDVに関する正確な知識がないために自分がDV被害者であると認識できないケースも少なくありません。
気になる方はDVチェッカーでチェックしてみる事をお勧めします。

興信所を頼んだことがバレて離婚されそうです…

配偶者の行動パターンの変化から浮気を疑って興信所に調査を依頼した場合、浮気の証拠が出てくれば心は修羅場と化するでしょうが、何の証拠も出なかった事で夫婦関係が怪しくなってしまうケースもあるようです。

 

専業主婦をしていた女性は、夫の行動を不審に思うようになりました。
いつもよりも仕事からの帰りが遅い日が何度かあった・携帯電話が繋がらなかった・何となく自分への対応が素っ気ない・など、これは浮気に違いない!と思い込んでしまったのです。
一度浮気を疑ったら居ても立ってもいられなくなり、興信所を頼んで夫の行動を監視したのですが、1か月近く調べてもらったのに証拠が出ません。
いつの間にか興信所の費用は150万円弱になり、自分が管理していた夫婦の共同口座から支払ったのですが…

夫は妻と自分の母親の不仲を気に病んでいました。
いわゆる嫁と姑の関係は男が口出しすべき問題ではないと思い、立ち入らないようにしていたのですが、妻は盆暮に実家に行く事すら嫌がるほどなので、日常生活でもなるべく母親の話題は出さないように気を使って暮らしていました。

 

ところが、ある時母親が悪徳商法に騙されてしまい、弁護士の手配や相談などで何度か実家に立ち寄っていたことを妻に浮気と勘違いされてしまったようです。
妻は母親の話題を嫌うので、母親が悪徳商法の被害に合った事や仕事帰りに実家に立ち寄った事を話していなかったのが悪かったのかも知れません。
気づいた時には、夫婦の共同の預金から150万円が消えていたのです。

 

150万円を妻に使い込まれた事もショックでしたが、それ以上に自分を信用せずに興信所に大金を投じていた事がショックで、夫婦関係が破たんの危機に瀕しています。
妻は今でも「たったの150万円でそんなに怒るなんて怪しい。やっぱり浮気してるんじゃないか?」と思っているようです。

配偶者の浮気をチェックする方法

帰宅時間が遅い、頻繁に外出する、嘘をつくなど不審な行動で何となく夫や妻が怪しい…と感じる事があるかも知れません。
探偵や興信所を使うのも方法ですが費用もかかるので、自分でもできる限りの証拠を集めておくと有利になるケースが多いので、浮気のサインのチェック方法を紹介します。

 

・通信記録をチェックする
携帯・スマホ・家電の着信や発信など通話の履歴をチェックします。
請求書のチェックや携帯・スマホのアドレス帳やメールの送受信履歴、ブックマークのチェックをします。
浮気相手と分からないように男性名(女性名)で登録されている可能性もあります。
登録名とアドレスの確認も必要です。

 

・携帯のロックを解除する
ロックがかかっている場合、ありがちなのが自分や配偶者の誕生日、記念日、車のナンバー、電話番号など。実家のものを使っているケースもあります。
これらの数字を組み合わせたり並びを逆さにして設定していることもあります。
ただし最近の3D携帯ではSIMカードが使われていて、暗証番号を10回間違えるとロックがかかってしまいパスワードを受け付けなくなるため、相手にバレる可能性が高くなるので注意が必要です。
ロック解除ソフトも市販されています。
ロック解除後は、携帯情報はminiSD等にコピーしておきます。

 

・家捜しする
思いがけない浮気の物証がある可能性があるので家捜しも必須です。
押入、クローゼット、タンス、台所、洗面所、トイレ、小物入、段ボール、使用していない鞄や旅行バッグなども要チェックです。
レシートがあれば内容や場所、時間帯を確認します。
他にも服装や下着の趣味が変わったり、派手な下着が隠されている場合もあります。

 

・私物をチェックする
バッグや財布、手帳などは情報の宝庫です。
手帳には記号や暗号などで浮気情報が記されている場合があります。
携帯チェック時に得たデータと照らし合わせると、何らかのパターンが読めたりリンクしている場合があります。

 

・車チェック
ナビのルート履歴や走行距離、灰皿、レシート、助手席の位置、リクライニングの角度などの違いをチェックします。
車にGPSやICレコーダーをセットするのも有効です。

 

・預貯金の確認
明らかに不審な預金の引き出しがないか確認します。
配偶者に持ち逃げされる可能性もあるので、必要に応じて預金を移動したり暗証番号を変更する・給与振込口座の変更も念頭に置いて下さい。

 

・記録
手帳などにおかしいと思った記録をつけておきます。
帰宅時間や態度の変化、夜を拒否するなど、後で大きく役立つことがあります。

 

(これらの情報が役に立たない事が一番平和ではあるのですが)

 

DNA判定で双子の片方だけ「親子関係なし」

双子の子供のDNA判定をした結果、片方だけが実子でした…
(若干のフェイクは入っていますが実話です)

 

子どもが自分に似ていないと親せきや友達に何度か言われた夫が、浮気など全く疑ってもいなかったのですが、ネタとして自分と子どものDNA鑑定をしてみました。

 

「この判定が目に入らぬか!ドヤァ!」とやる予定が、双子の片方だけが自分の子ではないという驚愕の判定が出てしまったのです。
確かに二卵性の双子なので瓜二つではないけれど二人同時に産まれたし(当然)、片方だけが実子じゃないなんて、そんな事があるのでしょうか?

 

この判定結果に夫は茫然、最初は妻に隠そうとしたけれど挙動不審であっさり暴露、妻は「私は浮気なんてしていない!」と両家の両親を巻き込んでの大騒ぎになりました。
夫婦仲も良好で、その場にいた誰もが妻の浮気はあり得ないと感じていましたが、それでは判定結果についての説明ができません。
困っていたところで「もしかして、鑑定ミスじゃないか?」という意見が出て一気に場が和み、「そうに違いない!」と他の病院に再鑑定を依頼したのですが…

 

その結果、なんと双子の片方は夫のみならず妻とも親子関係がない事が判明してしまいました。
産院で子どもが取り違えられていたのです。
急いで産院に連絡し、病院の顧問弁護士を交えて相談したのですが、同じ時期にその病院で出産した妊婦の家庭に病院が連絡を取る事はできますが、相手にDNA鑑定を強制する事はできないそうです。
血液型が不適合などの合理的な理由があれば認められる可能性もありますが、そういった明白な理由がない限りは他人にDNA鑑定を強制できないし、裁判でも負ける可能性が高いそうです。

不倫は違法かパラダイスか

布川敏和の妻・つちやかおりの不倫がクローズアップされています。
「よりどころで大切な人」と発言していますが、不倫は違法ではないのでしょうか。

不倫は反社会的行為ですが、不倫そのものに刑罰を課する法律はありません。
だからと言って、不倫は違法じゃないからいいんだ!と断ずるのは早計であり身の破滅への第一歩です。

 

不倫をすると、一般的に次のようなペナルティが課せられます。

 

・離婚を請求される
不倫をしたら、配偶者から離婚を請求される可能性があります。
夫婦は互いに貞操義務を負うので、これが破られた場合は配偶者の不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。
肉体関係を伴わない関係であれば不貞行為そのものは成立しませんが、信頼関係が崩壊するなど婚姻関係の破たんの原因になれば「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚を請求される可能性はあります。

 

・損害賠償請求
夫婦の一方が愛人と不貞行為をした場合、配偶者に対する貞操義務を破った事になります。この場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と愛人に対して、精神的苦痛の慰謝料として損害賠償を請求することができます。
なので、例えば夫が浮気した場合、妻は夫に対して損害賠償を請求できますし、夫の愛人に対しても損賠をかける事ができます。

 

・社会的ダメージ
不倫や浮気が周囲の人に知れ渡れば社会的なダメージを負い、業種によっては仕事に深刻なマイナス評価を受ける可能性もあります。
慰謝料の支払いとして会社に給与の仮差押請求をされる可能性もあります。

 

上記はほんの一例であり、大切な家族を失ったり愛する子どもと永久に会えなくなるなど、配偶者の請求次第で様々なペナルティが課せられることになります。
不倫によって得られるひと時の快楽とその後のダメージを天秤にかければ、どちらを選ぶかは自明であると思われます。

根拠の無い情報を販売してしまいました

30代で自営業を営む男性です。

 

脱サラをしたのは5年前で情報起業家を夢見ていましたが泣かず飛ばずのままに無駄な5年間を過ごしてしまいました。

 

いくつかの情報商材も販売しましたが大手のインフォトップには、はねられるばかりなのでインフォスタンプというスタンドを使って商材を販売し続けてきました。

 

内容には根拠も無ければ再現性もありません。

 

いわゆるでっち上げでガセネタとでも言いましょうか?

 

悪い事とは知っていますが、つい魔がさしました。

 

商材の中身は「彼女いない歴アナタの年齢でも、わずか90日でモテ男になれる方法」です。

 

自慢ではありませんが私自身、2年前に離婚したきりで彼女なんていませんしモテ男になる方法も知りません。

 

カネも無ければチカラも無く、彼女もいない悲しい人生を送っています。

 

それなのにモテ男になる方法なんて解るはずはありません。

 

仕方が無いので、無料レポートを読み漁り古本を読みながら内容をパクリ、つなぎ合わせて自己流リライトの繰り返し。

 

ついに超大作の1,000ページものpdfが出来上がりました。

 

画像はアダルトサイトから拝借してもっともらしいコメントを差込ながら仕上げました。

 

ところが当たりに当たって、瞬く間に当初の予定を完売

 

pdfですから増刷には苦労しません。

 

結局220部が売れたのですが、多少の良心も働き、90日間実行して効果が無ければ返金に応じるとの保証もつけておきました。

 

もうすぐ最初の販売日から90日になろうとしています。

 

毎日眠れない日が続くようになりました。

 

どうしたら良いのでしょうか?

 

どこに相談したら良いのでしょうか?
・・・という相談があったら迷わず夜の法律相談所を紹介してくださいネ♪

 

社員からのパワハラ・・ここの社長は俺じゃないのか?

50の坂を越えました。

 

数年前に早期退職制度を利用して、かねてからの夢でもあった農業に従事するために2年前から町内の農家で研修を受けて、ようやく目処も立ち、資金も借り入れて背水の陣で開業しましたが、はっきりいって素人農家です。

 

おおざっぱな部分に関しては多少の経験も積みましたが農業にマニュアルは無いというのが研修中に学んだ考えです。

 

もちろんセオリーとか手順というものはありますが天候や気温などの自然の変化は予測も出来ないことが多く素行錯誤を重ねながら失敗の連続で一人前になるのだとか・・。

 

場所は嫁さんの実家に跡取りがいないのと世帯主である義父が現役を引退しているので使用料を払って使わせていただいています。

 

近隣からは気になるのかベテランの農家さんがアドバイスを兼ねて遊びに来てくれるものの、皆さんのやり方が違うので少々戸惑いがち・・。

 

でも夢は捨てていません。

 

問題といえば絵に描いた事業計画がほとんど思うように進まないということと唯一期待していた作物も予想をはるかに下回る程度の収益にしかならないという事です。

 

これはイタイ誤算としかいえません。

 

すでに資金は使っていますから返済が出来なければ末路は見えています。

 

ここに来て問題が増えました。

 

身の程知らずにスタッフを一人雇いましたが態度がデカくて言う事を聞きません。

 

何もかもに反発するという訳ではないのですが意見が食い違った時には対立したまま何日も重たい空気が漂います。

 

それだけなら我慢も必要ですが、会社の備品が必要な時には社長である私に要求するという横暴振りで、まるで小間使いかパシリとでも思っているようです。

 

もともと金庫を会社に置いてある訳でもなく、費用は私の財布から出すのですが細かいものまで要求されると悲しくなります。

 

立替という考えは無いのかと聞くと「毎日、カネが無いとぼやくあなたが清算してくれる保証が無いから」とあっさり言われました。

 

おかげさまで社長になったという実感は農協からの請求書を見るときだけになっています。

 

会社の面接でセクハラ質問をされた仕返しに

入社1年目のOLです。

 

就活では、およそ30社の面接を受けて落ちまくりました。

 

現在は商事会社の中堅になんとか合格して忙しい日々を送っています。

 

この会社の事ではありませんが、落とされた会社の中には明らかにセクハラとしか思えないモノもいくつかありました。

 

「私はAV女優の面接を受けているわけじゃない・・」そう言いたいのを我慢して堪えましたが簡単にはねられてしまったのです。

 

まさかとは思いますが社長の愛人でも見繕っていたのでしょうか?

 

同じ学校から面接を受けた学生も同じ目に遭っていたと後で聞かされました。

 

内容としては稚拙なレベルで「今まで付き合った男性は何人」とか「男性経験はいくつの時で、その後の回数は?」など、どうでも良いと感じる内容ばかりでした。

 

私としては学内で知り合った先輩と将来も誓い合う仲で深い関係にはありましたのでサラリと話しましたが嫌気という意味では不快にも感じていました。

 

「彼氏がいるのなら長くは勤めてもらえないねぇ」

 

「そんなことはありません、当分は共働きということもありますから。」

 

しかし、結婚したら家庭を守るべきの1点張りです。

 

彼氏がいなくたって就職してすぐに辞める子だっているじゃないかと思いながら無事に切り抜けたかもと感じたのは一瞬です。

 

「ああ、期待してはいけないから先に報告しとくよ!君は我が社に相応しくない!」

 

なんという一方的な告知だろう・・。

 

私はプライドを傷つけられたとともに怒りを覚えながら失礼しますと、そこを後にしました。

 

あの様な会社に入ったからといって満足な生活が送れるとは思えません。

 

ですが、このまま泣き寝入りというのも性に合わないので後輩達に告げてあります。

 

面接の時にはボイスレコーダーをフトコロに忍ばせておく事。

 

もうすぐ就活の季節になります。

 

あの会社を希望した後輩達からセクハラの証拠が届いたら私も証人となって一緒に告発してやろうと待ち構えています。

文通の相手は架空のキャラで性別さえも偽っていた・・。

当年27歳になる独身のOLです。

 

やや行き遅れた感は否めませんが、それほど男性にウケが悪いと感じた事はありません。

 

問題点といえば若干理想が高いがゆえに、この年齢まで一人でいます。

 

職場に不満は有りませんがプラいベートに於いては充実しているとは言えません。

 

特別な趣味も無くヒマなときは自宅でネットサーフィンをする毎日です。

 

そんな私ですが、ふとしたきっかけからFacebookに登録して昔の友達が利用していないかどうかを調べてみました。

 

どうやら同性の友人は見つからず、故郷を離れてから疎遠になっている友人は子育てで忙しい最中かもしれないと勝手に思い込んでいます。

 

ある日、Facebookを通じて友達申請してくる少し年上の男性がいました。

 

あくまでもネットを通じた知り合いなので、ためらう事も無く、また興味もあったので申請を受け、簡単な返事も返しました。

 

そこから彼との文通が始まりました。

 

文通といっても最初はFacebookを利用してのやり取りから始まり、数日後にはフリーのアドレスながら直接交換もしました。

 

他愛も無いやり取りが続いたあとで彼は意味深な言葉を投げかける様になったのです。

 

勘の悪い私でも気のあるそぶりは感じて取れました。

 

まだ、直接会ったことも無いのに?

 

メールだけで私の何が判るというの?

 

疑問を感じながらも興味と期待は尽きません。

 

結果的に疑似恋愛の様な関係を3ヶ月も続け、毎朝の挨拶の他にも昼休みの休憩時間を利用しての近況報告、そして帰宅後は就寝までメールの応酬が続いたのです。

 

当然のように「一度は会ってみたい」その様な感情が私にも芽生えました。

 

もしもイメージの違う相手であれば単なる知り合いとして認識すれば良い。

 

その様に納得して直接会うことを申し入れてみました。

 

それからのことです。

 

彼の態度の変化がメールからも伝わってくるようになったのは・・。

 

今までとは違い、明らかに事務的によそよそしくなってきました。

 

そして毎朝の挨拶にも返事が無かったり、帰宅後にもメールが来なくなりました。

 

しつこくしてはいけないと思い「忙しいのなら落ち着いてから連絡を下さい」とだけ送信して彼からの返事を待ちました。

 

待つこと一週間、やっと届いたメールの内容をしばらく呆然としながら見つめて騙されていたことに気がついたのです。

 

彼は私に言い伝えていたような会社員ではありませんでした。

 

そればかりか性別さえも偽っている女性だったのです。

 

Facebookだから実名登録と勝手に思い込んだのは私です。

 

しかし、性別さえも誤魔化して接近する事に何の意味があったのでしょうか?

 

今はもちろん、彼(彼女)からのメールはゴミ箱直行の処理をしています。

 

ですが多少なりとも期待して心をときめかせた時間は戻りません。

 

おすすめ>>>ダマされないテレフォンレディ募集案内

クリスマスプレゼントはヤフオクに出品された・・

彼女いない歴32年の独身会社員です。

 

オクテの見本の様な男で女性を目の前にすると何を話して良いのかが分りません。

 

この様なキャラですから筆おろしも泡嬢にお願いしました。

 

そんな訳で恋人という感覚が実感できないままに気がついたら三十路です。

 

正直なところ焦りが無いとはいいません。

 

遊び人であれば余裕をかますのですが同期の男は皆世帯をかまえています。

 

その様に寂しい時間を過ごしてきた自分ですが、実に珍しい出会いがありました。

 

きっかけはヤフーオークションです。

 

プリンターのインクを安く買おうと思い個人出品のリサイクル品を落札しました。

 

これだけならどうということは無かったのですが出品者のメッセージが心地よく感じられたのです。

 

法人の出品であれば当然とは思うのですが、たかが2,000円の取引なのに丁寧なお礼の文章にときめいてしまいました。

 

悲劇の始まりです。

 

実は出品者が女性であることは落札後のメールで判ったし、住まいが以外に近くということも分りました。

 

とはいえ、見知らぬ相手ですから常識の範囲でメール便を指定、急いでいたので、その旨も伝えました。

 

すると、思いがけない事に「近くなのでお届けしましょうか?」のメッセージが届きました。

 

「エ~ッ」信じられない彼女の発言に驚きながらも「助かります。お待ちしています。」の返事と電話番号や直アドを添えて返事をしました。

 

彼女が到着したのは1時間後、信じられないスピード取引です。

 

しかも、思いもかけない美人で、生計はヤフオクでまかなっているとのこと。

 

せっかく届けてくれたのだから何かお礼をしなければと、その時に限って強気に誘ってしまいました。

 

「迷惑でなければ届けてくれたお礼がしたいので、一緒に食事でもいかがですか?」

 

彼女いない歴32年にしては良く言えたものだなと・・

 

すると、またしても信じられない返事が・・「ちょうどお腹がすいていたのでご一緒しますわ!」

 

天にも昇る気持ちで彼女の希望を聞くとラーメンが食べたいというので色気が無いなと感じながらも近くで評判のラーメン屋へ直行。

 

「おいおい急いでいたインクはどうしたんじゃ・・」という天の声を無視しながら短い時間に質問の応酬。

 

不思議な事に家にこもりがちなのか彼氏はいないというじゃありませんか。

 

いきなり深い仲になれるとは思わないまでも天がくれたチャンスとばかりに食後には次の約束を取り付け別れを告げました。

 

その後の付き合いは常識の範囲で仲の良い男女と思ってください。

 

ただし、深い仲ではありません。

 

2ヶ月ほどが経過したころクリスマスが近づいてきました。

 

プレゼントは決めておいたのです。

それは彼女が以前から欲しがっていたルイヴィトンのバッグです。

 

少々高額と感じながらも、いつかは彼女とと考えていた自分は奮発しました。

 

もちろん、まだ手に入れていないことは会うたびにそれとなく確認していたのですが万一を考えてイブの前日に手渡しをしたのです。

 

彼女は喜んでくれると同時にすまなそうな素振りも見せましたが、「僕の気持ちだから」と受け取ってもらい軽い食事を済ませて次の店に向かおうとした時。

 

「ごめんなさい用事があるの」と急がしそうな素振り

 

今日のことは予め伝えておいたので少し不満も感じつつ無理をして余裕を見せ、その場はお開きに。

 

さあ、その後の展開ですが年が明けても彼女に時間ができません。

 

珍しく2週間ぶりに会ったのは松も取れた月中です。

 

会った瞬間に自分の目に入ったのは使い慣れた感じのヴィトンのバッグで自分がプレゼントした物と同じ型ですが、まさか2週間でそこまで使い込んだとは思えません。

 

思い切って尋ねてみました。

 

「そのバッグは?」

 

彼女は悪びれもせずに答えました。

 

「気に入っているので同じものをもう一つ欲しかったの、あなたには感謝してるわw」

 

ここで、嫌な予感です。

 

プレゼントをヤフオクに出品したのでは・・・。

 

帰宅後に彼女の出品欄を確かめました。

 

そこには見当たりませんでしたが取引の履歴にあります。

 

出品は12月24日、落札は即日
そして、取引完了は5日前となっていました。

 

その後に彼女と自分がどうなったのかは書きたくもありませんが、もうすぐ彼女いない歴33年を迎えます。

上司のパワハラ発言にみんなホトホト困っています

うちの会社の上司とくに支店長クラスがとにかくパワハラ持ちが多いと嘆く、友人がいます。
彼女の会社はゼネコンとかの建設関係の会社らしくて、体育会系の会社らしい。

 

以前の上司は気分屋らしくて、機嫌がいいときはすこぶるいいんだけど、朝からめちゃくちゃ機嫌が悪くて、朝の挨拶のときにみんな普通に挨拶していくのに、いきなり次の人にあいさつは立ち止まって挨拶してからお辞儀するものだと強烈に怒ったことがあったらしく、その後みんなその人には立ち止まってしっかり挨拶お辞儀するようになった。
夜もその上司が帰るまではだれも帰れなかったらしく、みんな帰るまでそれこそ10時11時迄残っていた。
で、上司がキレていつまで残業しているんだ!!と。
そんな人だから、なかなかみんなついていけなかったのかもしれない。

 

その後の上司は結構いい人だったらしくて、パワハラとは無縁のなかなかダンディーな人。
その人の後だったせいか、次の上司が本当にダメ上司。
ダメっぷりが見事に発揮されている。

 

結構マイペースな上司でいつもどこに行くのか分からない。
しかも、いつも昼食と夜の予定の話題ばかりだから、イライラが半端じゃなくなっている。

 

その上司なんだけど、定期的に勝手に飲み会を作っちゃう。
しかも社員に全員参加強制発言。
パワハラなんですけど。
しかも女性社員の服装まで指定しちゃう。
これもパワハラ?
いやらしい服装を指定するわけじゃなく、きちんとした服装でとか。
でも、子供じゃないんだからわざわざ言わなくてもいいと思う。
むしろ、迷うって。
このパワハラ上司にホトホト困っています。

会社の同僚が実はロリコンでした・・・

わたしの後輩さんなんですが、といっても中途社員でわたしよりもずいぶん年齢的には上の人なんだけどね。

 

栄転していなくなった記念で晒します。
中途で入ってきた彼は常にヘラヘラしていて、でもまぁ気のいい感じの人でした。
頼りがいもあんまりなくて、営業なんだけど、あんまり成約できない・・・。
営業としては成功できないタイプの人なんだけど、運がいいのか出世しての転勤でした。

 

彼は結構あちこちで休憩しているのが目撃されている。
実はわたしも有給使ってリフレッシュしているときに本屋の前で会社の車を発見。
あれ?っと思って本屋をのぞいたら、いた。

 

でも、声掛けれるような位置にいないんですけど・・・!!
さすがに日中のしかも仕事中にそんなところにいないでくれと思ったんだけどね。
とりあえずスルーして、知らないふりで帰りましたよ。
その日から彼を見る目が変わったわけじゃない。

 

男の人だし、まぁ仕方ないよね・・・

 

しばらくして彼の会社の営業車の後部座席に荷物を載せてあげようと、ドアを開けたんだけど、大人の本が大量に落ちてきちゃったんです。
さすがにその時は焦っちゃいましたwww
出てきた大人の本があまりにもマニアックすぎて、引きまくりました。
さらにその後、なんで人の車を勝手に開けるんだって怒られました。
いつもヘラヘラしている彼とは別人かと・・・。

 

でも、みんなは会社の車に私物は置かないように。
会社によっては社用車管理規定がありますから、ご注意を。

 

直上司のセクハラをさらに上の上司に報告した結果・・・

直上司が退社記念で晒します。
とはいってもこれもわたしの友人が晒してくれたものです。

 

直上司(以下上司A)とは言ってもわたしはほとんどその人のことを上司とは思っていなかった。
なぜなら一応上司といえどもほとんどわたしに仕事の指示をしてくるのはさらに上の上司(以下上司B)で、上司Aはほとんど仕事もせずネットで遊んでいる状態。
本当に使い物にならんアホだった。

 

わたしの直上司になった理由も、降格されてそのあとメンヘレ、
そのためにさらに降格されて飛ばされてきた。
上司Bが本当の直上司だったんだけど役職的にその間に入った状況。

 

で、そいつ最初の降格理由が女性社員へセクハラだった。
女性社員がその上司Aに対してじゃなく、会社に対して告訴したから地方へ飛ばされた。
それがウチの支所。
小さい支所だし、人員の足りないところだったから、今後一切問題を起こさなければ喜んでということで支社長も張り切って歓迎会を催したんだけど。

 

歓迎会ではだれも女性社員が隣につかない。まぁ当たり前なんだけど、とはいえだれもつかないというわけにいかなくてじゃんけん。で、わたしがとなりについた。
ずっと話しかけてくるから、ハイハイって聞いていたんだけど・・・。
その歓迎会自体は無事終了。
帰りのタクシーを探していたら、知らない人にナンパされた。
そしたら、どこで見ていたのか上司Aがオレ女発言。
無理やり連れ去られそうになり、手を振りほどいて逃げました。
翌日よほど強く握られていたのか手に赤い痕。
上司Bに相談して、今後一切わたしとの接触禁止令が出ました。

 

その上司Aはその後会社の携帯の使途不明料金が発生【業務上横領罪(刑法253条)】し、無事退職に追い込まれました。

夫がチャらいです。

前回紹介した友人とはまた別の友人から聞いた話ですが、
その友人夫婦がちょっと普通とは変わっているので、紹介します。
友人自身は結構地味なタイプなんだけど、旦那さんは見た目全然違うタイプです。
友人曰く、
わたしの旦那って本人はおしゃれだと思っているみたいで、自覚してるんだかどうだかわかんないけど、チャらいのよね。
髪の色が黒かったことはほとんどないし、たしかにおしゃれなんだろうけど・・・。

 

たしかにわたしも彼女の旦那さんを見るといつも違う髪の色をしているし、ピアス穴とか何個も空いていて、彼女とは正反対な感じがする。

 

で、彼女がグチっていたのが、旦那のクラブ遊びみたい。

 

彼女の言い分。
いやね、いい旦那だと思うのよ。
家事のほとんどをやってくれるし、わたしも旦那も共働きで、さらにわたしは家でも仕事しているから本当に助かっている。
好きなこともやらせてくれるから、ありがたいよ。とっても。
でも、週に一度のクラブ遊びの日だけ毎週朝帰りなのよね・・・
とはいうものの旦那には普段散々働いてもらっているから、強くは言えない。
家も繁華街に近いから終電とかを気にするような場所じゃないし。

 

毎週、営業メールとか電話とかがかかってきているから、
どんな遊び方しているかもわかっているしね。

 

それがイヤなの?
って聞いたらどうやら違うらしい。

 

彼女曰く、
ううん、むしろキャバクラとかに一緒に行こうって言われるのがどうなのよって話。

 

・・・男女の間ってよくわかりませんね。

夫が無断でわたしの化粧品を使っていたんですが・・・

最近はスキンケアに興味をもつ男性が増えてきましたね。
男性用スキンケア化粧品も増えてきて、肌のキレイな男性も多いです。
男性専用エステとか美容整形とか・・・

 

ところで、友達からこんな話を聞いたので載せます。

 

うちの夫は昔は全然肌を気にするようなタイプじゃなかったんだけどね。
今も、スキンケアなんて女性のするもので、
男が気にするようなものじゃないって口では言ってるんだよね。
でも肌のきれいな同僚が女性社員に人気があるらしくて、
それが気になっているみたいなの。
清潔感とかはわたしが「気を付けな」っていってるから、
そのへんは普通だと思うんだけど、
その同僚さんがうちに遊びに来た時に聞いたら、
やっぱりスキンケアをちゃんとやってるらしいのよ。
最近の禁煙ブームにのっかって禁煙もしたらしくて、
たばこ臭さとかもなくなって、女性受けいいんだろうなって思った。

 

うちの夫はその時も肌を気にするなんて・・・って拒否していたから、
いつものことだなって思ってたんだけど。

 

どうやら興味が出てきたみたい。
最近、以上にわたしのスキンケア化粧品のヘリが早いなと・・・
もしかして使われている?と思って、こっそり見ていたらやっぱり使われてた!
あーーーこの化粧品高いのに!
しかもちゃんと使い方の順番わかっているし!
でもでも、その1万円の美容液はやめてーーー!

 

その日の内に男性用化粧品を一揃え。
プレゼントしたらこんなのいらないって言いやがった。
とりあえず、わたしの化粧品を隠れて使わないで!
男性には男性に合った化粧品があるんだからそれを使えと切々と説教してやりました。

 

とのことです。
奥さんの化粧品を使用せず、男性は男性用化粧品を使用しましょ・・・